top>profile
 

人の判断基準はとても曖昧です。「好きなもの」が本当に自分の好きなものなのか?本当に欲しいと思って買っているのか?それとも欲しいと思わされているのか?いつも仕掛ける側の私でさえ怪しい時があります。
ですが実は、そこはそれほど問題ではないのです。そもそも人間なんて曖昧の塊なのですから。
大事なのは、お客様が如何に気持ちよく買えるか?というところ。お客様が「これが欲しかった!」「私が探していたのはこれ!」と思えること。そしてそれに気持ち良くお金を払えること。これこそがお客様の最上の幸せなのです。つまり、購買行為自体が人の幸せそのものであり、「買う=Happy!」なのです。もうそこに、それが本当に好きかどうかなど大した問題ではありません。そして購買意欲を駆り立ててそれを売るあなたは正に、人に幸せを売っていると言えます。もの凄い使命を得ていると思いませんか?
なので気を抜いてはいけません。細部までやるんです。サボっちゃダメです。子供騙しや小手先の手段もいけません。そんなの通用しないし、どうせすぐボロが出る。自身の扱う商品に最大限のエネルギーを注ぎ、常に最高な状態で提供すること。それが例え10円の商品であっても1億円の商品であっても同じです。あなたが扱っているのは、人の幸せそのものなのですから。



こんなに買ってくれない世の中で、「これこそ私が欲しかったもの!」と言わせてやるんです。食費を削ってでも、借金してでも、質屋に行ってでも買いたくなる、そんな商品を売ってやるんです。
テレビを観てるヒマなんて無いですよ。携帯いじってる間も世界は進んでいる。あなたが寝ている時に、寝ずにもの凄い戦略を立ててニヤリとしている人もいるんです。あなたも自分の成功に貪欲になってください。逃げちゃダメです。諦めちゃダメです。大抵の失敗者は、皆が頑張るのと同じくらい頑張って、皆が諦めるのと同じくらいのところで諦める。



私には明確な目標があります。それは、私が世界全体をコンサルすることです。世の中がもっと豊かになり、「買う=Happy!」を皆が楽しむことができ、それを創出する「売る=Happy!」を同じく楽しめる世界に変えていきます。でも今の世の中は、「買う・売る」なんて全くの先の先で、もっともっと基本的な部分すらままならない人が多くいます。貧富の差は埋まらないどころか、今後益々開いていきます。私の仕事はある意味それを助長するものでもあります。でも、私が見ているのはその先の世界です。貧富の差から生じる幸・不幸の差は、「考え方」で埋められます。人の「考え方」は変えられます。それによって「お金の使い方」が変えられます。ザックリ話しましたがこんなことを思い描いています。
私は目指すのは、ただクライアントの商品を売れるようにするだけではなく、その先の世界についてです。なのでまずは、目の前のクライアントはバンバン「売れる」に変えていきます。




 

古屋拓彦
株式会社リープラス代表取締役社長
経営コンサルタント、デザイナー

 《略歴》
外資系企業にて企画・運営、マネジメントを経験。2007年、コンサルティング会社である株式会社リープラスを設立。複数企業のコンサルティングに従事。独自の経営戦略的視点とクリエイティブな発想を融合させたコンサルティングで数々の企業を再生・繁栄させる。商品のネーミングとキャッチコピーだけで売上を向上させることを得意とする。
それ以外にもオリジナルのマネジメントメソッド「裸のマネジメント」、飲食店再生プログラム「ソールドアウト!レストラン」、お店屋さん専門ホームページ製作「ホムペカ」、飲食店が繁盛する為の方法集「東京大人袋」を運営。現在はコンサルティング事業は全て「ヒトカゼ」に統合。現在も複数企業と契約中。


《会社概要》
株式会社リープラス
2007年3月設立
104-0054 東京都中央区勝どき4-5-16-408
03-5534-8502

*2017年8月より放浪生活してます。世界のどこにいるかわかりませんがメールは受け取れます。


 
トップページに戻る

Copyright (C) 2019 hitokaze. All Rights Reserved.